ベトナム

ハノイ タンロン水上人形劇完全ガイド/場所・時間・予約方法全て解説

2020年2月19日

タンロン水上人形劇 解説

[chat face="うめこ.jpg" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]ハノイの水上人形劇が面白かったから、ぜひみんなにも行って欲しいな![/chat]

今回は私たちが実際に行ってきた、ハノイの人気観光スポットのひとつであるタンロン水上人形劇について

[jin_icon_check color="#ffc0cb" size="16px"] 知っておきたい基礎知識
[jin_icon_check color="#ffc0cb" size="16px"] 場所とアクセス
[jin_icon_check color="#ffc0cb" size="16px"] 上演スケジュール
[jin_icon_check color="#ffc0cb" size="16px"] チケット購入方法
[jin_icon_check color="#ffc0cb" size="16px"] 注意事項

を体験談をもとに詳しく解説していきます。

ベトナムの伝統芸能に触れることができるので、ハノイに行くならぜひ立ち寄ってみて欲しいおすすめスポットです。

水上人形劇の基礎知識

まずは水上人形劇について簡単に理解しておきましょう。

水上人形劇は、ベトナム社会主義共和国北部の伝統的な人形劇である。

11世紀頃から、紅河デルタ地帯の村々で行われてきた。

1990年代に同国の観光資源として見直され、ハノイとホーチミン市に人形劇を行う劇場が造られ、以来、観光スポットとなっている。

舞台はため池などの濁った水の上に置かれ、水面が地面に見立てられる。

簾で隠された舞台裏に回った人形の操者は腰まで水に浸かって演技を行い、歌と楽器の演奏に合わせて人形が動かされる。

人形は長い竿の先に取り付けられ、糸によって首や腕を動かす事ができる。

上演される物語の多くは民話、伝説がモチーフとなっている。

演奏される音楽は紅河デルタ地方の伝統的な音楽のほか、宮廷音楽の影響も受けていると考えられている。

ホアンキエム湖の湖畔では毎夜、外国人向けの公演が行われている。

Wikipediaより抜粋

もともとベトナムで行われていた人形劇が、観光客向けにリメイクされて毎日上演されていて、人気のスポットとなっています。

タンロン水上人形劇へのアクセス

中心地にあるので観光しやすい

タンロン水上人形劇はホアンキエム湖・旧市街からすぐのところにあるので、このあたりのホテルに宿泊している方であれば歩いて行くことができます。

お店や飲食店も多く便利な場所なので、観光に組み込みやすく、毎日多くの観光客が訪れます。

アクセスや周辺の様子を写真付きで解説

タンロン水上人形劇へのアクセスや周りの様子について写真付きでご紹介していきます。

水上人形劇 大通り

ホアンキエム湖をぐるりと囲んでいる大通り沿いなので、Grabやタクシーで向かう場合は直接目の前まで行けます。

水上人形劇 ホアンキエム湖前

この道路を渡るとすぐホアンキエム湖なのですが、交通量がものすごく多いうえに信号がないので、渡るときは注意が必要です。

水上人形劇 看板

こちらが入り口ですが、あまり目立つ感じではないので、少し分かりづらいです。

[chat face="うめこ.jpg" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]思っていたよりも建物がコンパクトだったから最初気づかなかった[/chat]

水上人形劇 チケット売り場

入口の右手側に窓口と券売機があるので、当日チケットを買う場合はこちらで手続きをします。

上演スケジュールは事前に確認必須

上演スケジュールは曜日によって違いますが、午後しかないので観光の計画を立てるときは注意が必要です。

月~水木~日
115:00~15:00~
216:10~16:10~
317:20~17:20~
418:30~18:30~
520:00~20:00~
621:15~

1回の上映でだいたい1時間くらいです。

1日5~6回の上演しかなく、海外から多くの観光客がくるので、その日の観光やディナーの予定も含めて計画的に動きましょう。

[chat face="うめこ.jpg" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]私たちは12:00頃に一度チケットを買いに行って、観光してから16:10の回を見て、早めのディナーにしたよ[/chat]

チケット購入方法と料金について

安く買いたいなら現地で購入

クーポン2
タンロン水上人形劇のチケットですが、現地の券売機や窓口が1番安く買うことができます。

なのでとにかく安く手に入れたい、という方は現地で購入するのがベストです。

料金は座席の場所によって異なり、

[jin_icon_arrowcircle color="#ffc0cb" size="16px"]1-5列目 > 200,000VND(約1,000円)
[jin_icon_arrowcircle color="#ffc0cb" size="16px"]6-10列目 > 150,000VND(約750円)
[jin_icon_arrowcircle color="#ffc0cb" size="16px"]11-16列目 > 100,000VND(約500円)

となっています。

[chat face="うめこ.jpg" align="left" border="none" bg="gray" style="maru"]後方の席なら500円程度で買えるよ[/chat]

私たちは今回現地で購入してみましたが、券売機で好きな座席を選ぶことができ、カードも使えました。

ちなみに窓口では翌日以降のチケットが買えるか分からないのですが、券売機では当日の上演分しか選べませんでした。

水上人形劇 チケット購入 現地

券売機ではこんな感じで料金別に色が分かれており、好きな座席を選択してその場でカードで支払いすることが出来ます。

色が付いているところが選べる座席となっていますが、当日12:00の時点で15:00の回の空き状況は写真の通りで、端の方か後ろの方の席しか残っていなかったです。

現地でチケットを買う場合の注意点として、事前にネットで予約している人や団体のお客さんが良い席をほとんど確保してしまっているので、選べる席数が少ないうえに、前の方や真ん中の良い席は残っていないことがほとんどです。

私たちが行った日は20:00などの遅い時間のチケットの方が売れていて、お昼の時点でほぼ満席状態でした。

当日チケットを買う予定の方は、一度早めの時間に買いに行くことをおすすめします。

良い席を確保したいならネット予約

タンロン水上人形劇 予約 サイト
タンロン水上人形劇のチケットは事前にネットで購入することができます。

VELTRAだと前方の席を指定できるプランがあって口コミ評価も高いので、良い席を確保したい方や観光できる時間が限られている方はあらかじめこちらで予約しておくのが良さそうです。

> VELTRAで予約する

 

水上人形劇を観に行く時の注意点

上演前・上演後の混雑が激しい

1時間の上演が終わると、次の上演開始までの10分の間に観客が一斉に入れ替わることになります。

前の上演が終わるころになると次の回のお客さんが入り口に集まり始め、上演終了とともに前の回のお客さんがどっと出てくるので、入口付近が人でごった返します。

スリなどももちろんですが、同行者とはぐれないように注意が必要です。

この時になるとトイレも混みあうので、あらかじめ済ませてから向かってください。

後ろの席だと十分に見えないことも…

水上人形劇 座席
劇場の座席は前後の段差が十分にあるわけではないので、自分が背が低い&前の人が背が高いなど、場合によっては良く見えない可能性もあります。

なんとなく雰囲気を味わいたいという方であれば十分楽しめますが、じっくり見たい方や心配な方はネットで前の座席のチケットを買うことをおすすめします。

ハノイで行っておきたいおすすめスポット【まとめ】

タンロン水上人形劇は

[jin_icon_like color="#ffc0cb" size="16px"] 中心地にありアクセスが良い
[jin_icon_like color="#ffc0cb" size="16px"] チケットが安い
[jin_icon_like color="#ffc0cb" size="16px"] 1時間でサクッと見れる
[jin_icon_like color="#ffc0cb" size="16px"] 他ではできない体験

ベトナムならではの体験ができるので、ハノイに旅行に行くならぜひ行って欲しいスポットのひとつです。

 

▼あわせて読みたい

ベトナム観光で移動手段は何を使うべき?体験談からおすすめと注意点を解説

ベトナムのSIMカードを日本で購入しよう!タイプ別のおすすめをご紹介

エッセンスレストラン【ハノイ人気No.1】をレビュー/写真付きで詳しく紹介

>> その他ベトナムの記事はこちら

 

▼ベトナムおすすめガイドブック


 

-ベトナム

© 2021 onetime