最大35%OFF!全国旅行支援キャンペーンをチェック >>

【沖縄マニアが選ぶ】一度は訪れたい、沖縄の世界遺産まとめ

沖縄世界遺産まとめ

※本ページにはプロモーションが含まれています

沖縄には世界遺産がいくつかあるみたいだけど、行く価値はあるのかな?

2023年現在、日本では、文化遺産20件・自然遺産5件の計25件の世界遺産が登録されていて、そのうち沖縄では、世界文化遺産の『琉球王国のグスク及び関連遺産群』世界自然遺産の『奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島』の2つの世界遺産が登録されています。

世界遺産には、建造物や遺跡といった「文化遺産」、自然地域等の「自然遺産」、文化と自然の両方の要素を兼ね備えた「複合遺産」の三種類があります。

私たち夫婦は沖縄のすべての世界遺産を訪れましたが、沖縄にある世界遺産はどれも感動できる場所でした。

この記事を読まれた方が沖縄に訪問される際には、是非とも一度は訪れていただきたいので、一つずつ丁寧にご紹介します。

目次

琉球王国のグスク及び関連遺産群

沖縄の“首里城”は世界遺産として有名ですが、実は首里城単体で世界遺産として登録されているわけではなく、『琉球王国のグスク及び関連遺産群』として、他の史跡や城跡とともに、世界文化遺産として登録されています。

『琉球王国のグスク及び関連遺産群』は以下の9つの資産より構成されています。

  1. 首里城跡(しゅりじょうあと)
  2. 園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)
  3. 斎場御嶽(せーふぁーうたき)
  4. 識名園(しきなえん)
  5. 今帰仁城跡(なきじんじょうあと)
  6. 座喜味城跡(ざきみじょうあと)
  7. 勝連城跡(かつれんじょうあと)
  8. 中城城跡(なかぐすくじょうあと)
  9. 玉陵(たまうどぅん)

城跡とは…

城跡と書かれていると、「じょうせき」と読みたくなるかもしれませんが、沖縄のお城は「じょうあと」と読みます。厳密に言うと、首里城も城跡ですが、首里城の他にも、沖縄本島には4つの世界遺産城跡があります。

城跡の良さは、「眺めが良い」、「観光客が他の観光スポットに比べると多くない」、「大自然を満喫できる」、「料金(入場料)がリーズナブル」といった点が挙げられます。
一方、「日影が少なく夏はとても暑い」、「広大な城跡が多いので、そこそこ体力を消耗する」、「アクセスが良くないところが多い」といった点は注意が必要です。

沖縄の世界遺産はどこも素敵なスポットですが、多くの場所は傾斜がきつい場所があったり、難路がある場所も少なくありません。
そのため、世界遺産を観光される際は、動きやすい恰好で行かれることをおすすめします。

首里城跡(しゅりじょうあと)

沖縄世界遺産 首里城1

首里城は、琉球王国の王族らが住んでいた場所です。2019年10月に発生した火災により、現在再建中ですが、2023年4月現在、火災前の大部分は見学可能となっていますので、訪れる価値は十分にあるかと思います。

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
目次