旅行お役立ち情報

羽田空港国内線第1ターミナルでコートを預かってくれる手荷物預かり所|利用時の注意点

2019年12月6日

羽田空港国内線 手荷物預かり所

羽田空港国内線第1ターミナルには手荷物預かり所というサービスがあるのですが、まだ利用したことがない方や知らない方も多いんじゃないかと思います。

このサービスは旅行中に不要な荷物だけでなく、実はコートも預かってくれるのでとっても便利なんですよ。

営業時間も6:00〜22:30と長いのでとても使い勝手が良く、実際に私も度々お世話になっています。

特にこれから寒い時期に沖縄など暖かいところへ旅行する人にはとても便利なサービスなので、このサービスについて知っておくと何かと便利です。

かさばるコートがなくなるだけで移動中のストレスもかなり軽減されますよ

実際に利用してみて、特に予約も必要なくその場で不要な荷物やコートがあれば気軽に利用できる便利なサービスだなと思いました^^

そこで今回は羽田空港国内線ターミナル内にある手荷物預かり所について、預け方と利用して分かった注意点がいくつかあるのでご紹介します。

>> 沖縄のホテルレビュー・お役立ち情報はこちら

手荷物預かり所の場所

羽田空港手荷物預かり所マップ

※羽田空港公式サイトから画像お借りしました

まず手荷物預かり所の場所ですが、羽田空港国内線ターミナルの地下1階南ウィング側の一番端にあります。

羽田空港手荷物預かり所

モノレールで行かれる方は、第1ターミナルの改札を出て左にまっすぐ進むと一番奥にあるので、すごく分かりやすいです^^

バスや車で行かれる方は、エスカレーターかエレベーターで地下1階まで降り、南側の一番端を目指していくと一番奥にカウンターがあります。

クリーニングの看板も目印になりますね

料金について

荷物の場合

荷物は3辺(縦・横・高さ)の長さの合計で料金が決まります。

3辺の長さの上限が300cm・重量が30kgであることと、形状によっては預けられないものもあるので怪しい場合は事前に確認が必要になります。

  • S(120cm未満)→ 400円(税込)
  • M(120cm~200cm未満)→ 600円
  • L(200cm~300cm)→ 900円(税込)

注意点としては1点ごと・1日ごとに上記の料金がかかるので、旅行で数日間預けるという場合にはその日数分料金が加算されるという点です。

長期旅行で利用されるという方は特に注意してくださいね。

コートを預ける場合

コートの場合は大きさに関係なく1着300円(税込)がかかります。コートも1日あたり300円となるので、預けた日数分料金が加算されることになります。

今回私たちは2人分のコート2着を3泊4日の旅行中に預けていたので300円×4日×2着ということで2,400円(税込)でした。

支払いは後払いでカードも利用可能です。

返却のみ時間外でも対応可

これは実際に私たちが利用した時の体験談なのですが、羽田空港への到着が営業終了時間の22:30ギリギリになってしまうということを伝えたところ、時間外でも対応していただけるということを教えてもらいました。

困ったらぜひ聞いてみてください

22:30を過ぎていても24:00までは返却の対応のみ行っているとのことです。お店はシャッターが閉まってしまうのですが、預かり証に記載されている連絡先へ電話をすればスタッフの方が来て対応をしてくれます。

私たちは何とかギリギリ時間に間に合ったので時間外の対応をしていただかなくて済みましたが、もし時間に間に合わないという方はスタッフの方に尋ねてみてください。

時間外に返却する際の注意点としては、支払いが現金のみになります。もしどうしても時間外になってしまうという場合には事前に現金を準備する必要があります。

預ける方は営業時間内しか対応していないので注意です!

コートを預けて身軽で旅しよう!【まとめ】

今回初めて利用して、かさばるコートを預かってもらえるのはとても便利なサービスだと思いました。

多少お金はかかるけど、荷物が増えることがなく旅行中のストレスも感じずに済むので、身軽な状態で旅行を楽しめて良かったです!

またしっかりビニールを被せて保管してくれるので、安心でした。窓口の方の対応もとても丁寧でしっかり説明してくれて、また機会があればこのサービスを利用したいと思いました。

寒い中無理して薄着で旅行に出かけなくて済むし、気温差のある場所へ旅行に行くときには皆さんにもうまく活用してもらいたいサービスです。

>> 羽田空港の公式ページで確認する

-旅行お役立ち情報
-